50代国際結婚が本命

50代になると結婚を再度意識し始める年齢です。
それまでずっと独身でいた男性も、一度や二度結婚したが
離婚してしまったという方も、50代になると、結婚を考えるようになります。

どうして50代になって結婚を考えるのか!?

50代になってから急に結婚を意識し始めた人のなかには、

「これから老後を一人で過ごすのはめちゃくちゃ寂しい」
「親の介護も現実味が帯びてきて、一人では心細い」
「子供が欲しいと思うようになった、早く結婚しなくちゃ」
「仕事もそれなりのポストに就いて、時間的余裕ができたらパートナーが欲しくなった」

人それぞれいろんな理由があることでしょう。
でも、50代で結婚というとかなりのハードルです。

すぐにも結婚したい!
そういった気持ちの人がほとんどです。

20代ならゆっくり・じっくり婚活するのも良いですが、
50代だとそうはいきません。

早くパートナーを見つけなければ、あっという間に定年・老後生活です。

国際結婚を意識してみる

国際結婚という道を意識してみるとかなり可能性が広がります。
日本の結婚相談所へ登録してみても、ほとんどお見合いもできませんし、
仮にお見合いできても二度目のデートまで続きません。

これが50代での婚活の現実なのです。
理想は年下女性で、初婚が良いなんてケースだと、
相当にハードルが高いです。

 

しかし、国際結婚なら比較的スムーズにパートナーが見つかります。

50代男性と30歳前後の外国人女性が結婚する例はほんとに多数あります。

国際結婚を考えると見えてくるモノ

勝手なイメージで国際結婚はダメと決め付けてると損かもしれません。

周りを見渡せば国際結婚してる夫婦が少なからずいます。
そういった夫婦を見て、どう思うのでしょうか!?
幸せそうに暮らしてる国際結婚夫婦もたくさんいます。
残念ながら国際結婚してから数年以内に離婚する夫婦もいますが、
それは国際結婚だからダメだったということよりも、
お互いの性格が不一致だったという理由が多いのです。

国際結婚ならではの厳しさを覚悟

外国人女性と国際結婚するわけですから、
それなりの覚悟を持って結婚する必要あります。
相手女性との価値観の違いは百も承知して国際結婚しなきゃダメでしょう。

最大のコツは「幸せにしたいと強く思うこと」です。

相手女性は外国人です。
そんな外国から異国の地へお嫁さんに来てもらうんですから、
あなたが幸せにしてあげようと強く思えることができれば、
国際結婚でも楽しい生活が待っていることでしょう。

チャンスはタイにあった

国際結婚というと、いろんな外国人女性を思い浮かべることでしょう。
今、もっともチャンスなのがタイ国際結婚です。
タイ女性は控えめですが、家族を大切にする文化を持ち合わせており、
外見も日本人好みの雰囲気の女性が多いです。

 

タイ国際結婚ナビ-魅力や相談所選びなど徹底調査」で
もっと詳しい情報を是非チェックしてみてください。

きっと、タイ国際結婚に興味沸いてくることと思います。